忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
人気ブログランキングへ
最新コメント
[11/16 ガレージせーじ]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
プロフィール
HN:
G-yuu
HP:
性別:
男性
趣味:
バイク 車 ボード 
ブログ内検索
カウンター
バーコード
バイク・・ホンダVTR1000F&カワサキKLX250のインプレ・カスタム・ツーリングや主に栃木の林道ツーリングについての写真・動画ブログ  夢のバイクガレージ製作・・イナババイクガレージではないヨドコウでもない、KETER(ケター)FORTISでのおしゃれかっこいいバイクガレージライフ、購入からDIYでの自作の様子を写真・画像で紹介、バイクガレージの感想やガレージ激安情報  スノーボード日記・・主に福島のスキー場でのスノーボードパークの様子 ボードの選び方やメンテナンス、滑り方は自己流
<<  2017/05  >>
9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
[430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420
2016/09/07  23:41:33
自分のKLX250は、130kmほど走ると
リザーブに入ってしまう。

ギヤ比だの何だの理由は知っているけど元に戻す気は無い。
でも、130kmって絶妙な距離で、
あと少しガソリンがあれば態々下山しなくて済むのになぁ~って
ことが多々ある。

そして、アタックとかした際によくイヤになるんだけど、
KLXって重心が高くて重いような気がする。
理由は、多分ツインカムのデカいエンジンヘッドだと思う。
(他のオフ車みてもKLXほどヘッドがデカくないように見える)

ガレ場、急斜面などなど足場の悪いところでコケた時の
リカバリーでメッチャ体力を消耗。
そしてフューエルキャップの空気穴?カギ穴?からガソリンがダダ漏れる。
すぐに起こせればいいけど、そんな状況じゃないことがほとんど。
いつか引火して丸焼けになってしまうんじゃなかろうか?

まあ、コケないように上手くなればいいんだけど、
それも中々難しい・・・


で!

この2つの問題を一気に解決してくれるであろうアイテムが、
 樹脂製の燃料ビックタンクなんじゃないかと以前より思っていた。
 
 で、買ってみた。
あっ、写真無いや・・・

比較的ポン付けできて、ラジエターファンもそのまま着けられる
ってことでCLARKE(クラーク)のビックタンクをチョイス。

とりあえず検品したら

プラスチックの切り子がビックタンク内から出てきた。
製造時の物だと思う、さすがメイドインUSA!

純正タンクを外して、
燃料コックやら、↓棒?(名前がわからん)を移植。 


フィティングを確認。
思いのほか合わない・・・
正式には06-08年式用だからなぁ~
オレのは98年式   まあ、しゃ~ないか

ゴム板やブロックを駆使して
 
どうにかそれっぽくなったかな


タンク前まわり
ちょっとハーネスを移植しただけ

サイド取付け点は、ブッシュを加工
 

普通につけると、燃料ホース系がフレームにガチ当たりでタンクが割れそう・・・
後ろ側取付け点の高さを上げることで回避。


シート裏前部の引っ掛けるところも拡大


シート裏もタンクと当たってそうなところを削り


タンク側の引っ掛けるところもちょい延長
 
 
 
あとはタンク位置を微調整してどうにかシートがついた。
タンク後部を上げすぎるとシートがつかない。
下げすぎるとフューエルラインとフレームが干渉。
けっこう苦労したなぁ・・・
  
その②へつづく

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © G-yuu.com Blog All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]